大和武史のblog

スピリチュアル作家の大和武史です。永遠の生命を前提とした宇宙時代の真理を投稿しています。2019年からは フェニックス・プロジェクト を立ち上げて人類救済及び地球アセンション計画のマネージャーを務めています。地球を愛の星に変えるために共感していただける方は参画をお願いします。 2020年コンテストにおいて、プロジェクト公認称号「地球の母を讃える者」「地球の父を讃える者」を授かりました。

2015年10月

★「大和武史のこころの科学」第42号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇新時代を拓く「こころの科学」絶賛発売中!
 第1巻は病気を消すというテーマです。
 こころの科学の検証により、病気という現象が消えていきます。
───────────────────────────────────
◆こころの科学1「病気を消す」 著者:大和武史
 発行:文藝書房(四六判)1,404円
 お求めは、最寄りの書店から取り寄せるか、ネット書店でご購入下さい。
   <http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894774240/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4894774240&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
★「大和武史のこころの科学」第42号 <ちょっと気楽に真理12>★
 こころの科学の検証により、人々が幸福になることを祈ります。
 毎日の生活に疲れていませんか。この世はある意味では修行の場ですから辛いことや厳しいことにも遭遇しますが、この場面をいつまで抱き続けるかが問題なのです。誰でも苦難や困難に巡り会いますが、この苦難や困難の場面を受け止めることができれば良いのですが、誰でもこの事態に意気消沈して弱気になります。とても克服できないように感じてしまうのです。
 しかし、受け止められないような事態なら最初から悩みはしないのですよ。悩む苦しむということはこの事態が自分が取り組み得る程度の事態であるからです。まったくなすすべもないことなら最初からあきらめるだけで悩みはしませんから。克服する可能性のあることであるから悩みの種になるのですが、克服できるかどうかはやってみなければ分かりませんし、自分としては最大限の努力を強いられるわけです。そして、その結果も成功かどうかは分かりません。
 このときにいいたいことは、私たちが生きているのはある意味では苦しむためなのです。この世には自分の成長のために生まれてきたのですから、逃げることは生きている事を無意味にしてしまう事になります。人生とは挑戦の連続だと割り切ってください。安泰な日々は理想のように見えても、実はチャンスを捨てているに過ぎません。日々挑戦する中に進歩はもたらされるのです。
 どんなことにも恐れてはなりません。死ぬこと以上に恐ろしいことなどないでしょう。そして、死とは永遠の生命にとってはただのエネルギー世界への旅立ちにしか過ぎません。生命自体が消えてなくなるわけではないのですから、また出直せば良いのです。生まれ変わるということです。何度でもチャレンジできるのが生命の特権ですから、今回の人生にそれほどに執着する必要はないのです。
 ならば、何も考えずに、無心にできることをやることです。結果を考えるから気が重くなるのです。結果などはどうでも良いのです。過程、プロセスこそが大事なのです。いかに努力して工夫したか、その経験が実績が人生の質を決めるのですから、困難が来ることは挑戦の機会を与えて頂いたということです。ありがたいことなのです。やるっきゃありません。
 結果を恐れずに、誰にも服従することなどあり得ません。こころの王国は自分が唯一の王であるのですから、他人に支配されることなどあり得ないことです。どんな人間関係であろうとこころまで捧げることなどあってはなりません。しかし、だからといって我を張るということではなく、自分の意志で生きるということです。他人のいうことを聞くにしてもその前に自らが納得したから従うのです。自分を行動させるのは自分の意志だけです。
 素晴らしい結果を出すためには自立して自分の能力をフルに発揮して生きることです。そのためには、逆説的ですが、他人のいうことややることを良く見聞きして教訓を得ることです。自分だけの経験では少なすぎるので、他人に助けてもらうのです。こうした共存のために、社会というものはあるのですから。
<つづく:このメルマガをあなたの大切な方に転送してあげましょう>
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 大和武史の電子書籍がアマゾンから出版されました!
 私のこれまでの活動の原点となる基本書2冊です。
 kindle版、android版、iphone、ipod版の3種類を選んでダウンロードできます。
───────────────────────────────────
 1.「生死を超越した幸福論」    大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ASO83ZM/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00ASO83ZM&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
 2.「人類が調和するユートピア論」 大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00AUVHNYK/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00AUVHNYK&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「大和武史のこころの科学」第41号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇新時代を拓く「こころの科学」絶賛発売中!
 第1巻は病気を消すというテーマです。
 こころの科学の検証により、病気という現象が消えていきます。
───────────────────────────────────
◆こころの科学1「病気を消す」 著者:大和武史
 発行:文藝書房(四六判)1,404円
 お求めは、最寄りの書店から取り寄せるか、ネット書店でご購入下さい。
   <http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894774240/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4894774240&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
★「大和武史のこころの科学」第41号 <ちょっと気楽に真理11>★
 こころの科学の検証により、人々が幸福になることを祈ります。
 人間とは弱いものです。それは、盲目の人生を生きなければならない存在であるからです。誰でも生まれたときは何も分からない白紙の状態で、親を頼って生きなければなりません。そうでないと生きてゆけません。また、生きるためには食べなくてはなりませんし、そのためには働かないと食べ物が手に入りません。
 こんな不自由な人生の定めからいえば、人間はネガティブな感覚を持ってしまって当然だと思います。野生の動物などはこうした生活以外の部分がほとんどないのですから、弱肉強食になっても仕方がないですね。しかし、人間は単なる動物ではなく、限りない可能性を秘めた生命です。その生命の輝きは覆い隠すことのできない内面から滲み出るような根本的なものなのです。
 どんなに不遇にあえいでいても、はっとするときがあります。それはなんともいえない美しさ、すがすがしさ、要するに動物を超えた神々しい輝きの瞬間です。それは、他人を助ける人たちの行動に、家族のために身を犠牲にすることを躊躇しない人たちの振る舞いに、仲間たちとの明るく楽しい語らいに、夢をあきらめずに困難に立ち向かう不屈の精神に、多くの人間を超えた言動に表れるのです。
 確かに人間は肉体を操作して生きてはいますが、肉体が存在自体だとは限りません。つまり、物質という確かな感覚を超えたところにあるものこそが本当の存在であり、物質という確固とした存在感のあるものは実は夢幻のようなはかないものでしかないという、この逆転の真実を確信することができれば、人生は見違えるように中身の濃いものに変わっていくのです。
 これは先天的には理解し得ないものですから、後天的に何かによって教えられなければなりません。時代が悪いとこれを教わることもできないかも知れません。運良く真理に巡り会えたとしても、これを信じることができるかどうかは別の問題です。単に信じるだけでは役には立ちません。人生に生かせてこそ意味が出るのですから。
 人生が何にも意味のないものであるなら何のために生きているのでしょうか。人生とは本当に大きな価値のある意味深いものであり、自分を大きく成長させてくれるものであるのです。だからこそ、生きているのですし、生きなければならないのです。生まれてきたという結果は偶然ではなく、自分でその意味を理解して自ら望んで生まれてきているのです。これには例外はありません。
 生きることが避けられない定めであり、運命であるならば不幸な人生とするよりは幸福な人生とする方が良いに決まっています。そして、これは結果ではないのです。幸福な人生とは結果的に決まるわけではなく、継続的にあり続けるものです。幸福とは一時的に感じる感情ではなく、いつも感じる感情なのです。いつも自分が感じている気分のようなものが幸福の真の姿なのです。
 幸福とは形ではないということです。お金があるから幸福なわけでもなく、家が豪華だから幸福でもなく、どんな生活でも良いのでいつも感じる気分が生き生きと元気な波動であれば幸福と呼べるのです。こんなに単純なことです。しかし、これをいつも続けることはなかなか難しいことです。様々な出来事や他人との摩擦の中でついネガティブな感情にとらわれてしまうからです。こうした障害を乗り越えて幸福を維持することが本当に黄金の価値を持った人生なのですよ。
 これは死後に否応なく気づかされることになります。その前に、真理により気づいて幸福な人生を送れた人は幸いです。天国の素晴らしい歓迎を受けることでしょう。
<つづく:このメルマガをあなたの大切な方に転送してあげましょう>
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 大和武史の電子書籍がアマゾンから出版されました!
 私のこれまでの活動の原点となる基本書2冊です。
 kindle版、android版、iphone、ipod版の3種類を選んでダウンロードできます。
───────────────────────────────────
 1.「生死を超越した幸福論」    大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ASO83ZM/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00ASO83ZM&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
 2.「人類が調和するユートピア論」 大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00AUVHNYK/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00AUVHNYK&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「大和武史のこころの科学」第40号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇新時代を拓く「こころの科学」絶賛発売中!
 第1巻は病気を消すというテーマです。
 こころの科学の検証により、病気という現象が消えていきます。
───────────────────────────────────
◆こころの科学1「病気を消す」 著者:大和武史
 発行:文藝書房(四六判)1,404円
 お求めは、最寄りの書店から取り寄せるか、ネット書店でご購入下さい。
   <http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894774240/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4894774240&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
★「大和武史のこころの科学」第40号 <ちょっと気楽に真理10>★
 こころの科学の検証により、人々が幸福になることを祈ります。
 真理を知ることは大きな力となります。それは本で読むよりも自分の人生で体感した方がよく分かるでしょう。真理を知らずに普通の衆として生きている間は毎日が不安定な日々にしか過ぎません。いつ何時、不幸が襲ってくるか知れない不安定な日々ですが、真理を知り、人生の目的を知るものは人生の節目に際しても安定した決断ができます。それは底力みたいなものが出てくるのです。
 真理を知らない人々はこれからの未来に不安を覚えるでしょう。もしも、自分に不運なことが起きてきたら、自分は不幸に沈んでいくのだろうかと考えてしまいます。未来が見えていないからです。死という最高の不幸が克服できていないからです。死の恐怖の前にはどれだけの抵抗もむなしく思われることでしょう。どうしようもない終わりの時がとうとう自分に訪れたかと思うと落ち着いてなどいられるはずがありません。
 しかし、真理を知ると自らが肉体の動物ではなく、生命という永遠の命を持つエネルギーだと知れば、死に対する恐怖感が全然違うのです。誰でもいつかは死なねばなりません。その死が最高の不幸であるか、次の転生へのステップに過ぎないかではまったく違うのです。死を最高の不幸と信じている人は弱く生きていくしかありません。不幸を抱きしめているからです。でも、死が自然と受け入れられるようになれば、人生を有意義に生きられます。
 この違いが大きいのです。真理を知ることで人間は変わります。最高の不幸から解放されるからです。そして死とは恐怖ではなくなった人間はのびのびと自分の生き方ができるようになります。それは安定した日々なのです。結果は色々ですが、自分で考えて自分で納得して生きていくのですから、悔いはないでしょう。きっと成功することもあるでしょう。
 永遠の生命が私たちを強く理性的に変えてくれるのです。そして、普通の人と変わりないように見えても内心は大違いに変わっているのです。それが生き方に現れるだけのことです。決して消えない命なら何でも我慢できます。たとえ、今は不遇の身であっても、これが将来の自分のための教訓と受け取れるならすべてが学びと変わります。人生で多くを学ぶものこそ進化するものです。
 進化の喜びは格別の幸福です。この最高の幸福がもたらされることもあります。それもこれも真理によってです。真理とはいかに私たち生命にとって必要なものであり、有益なものであるかが分かると思います。しかし、この真理は自分だけのために使う限りはやがては効果を失ってしまうのです。現状維持の日々が、退屈な日々が来ます。真理を他人のために使うことによって、真理は廃れることなく弱まることなく、その絶大な力を発揮し続けられるのです。
 他の人々を幸福にしたいと願う人たちは真理を知り実践できている人たちであるという事実があるのです。
<つづく:このメルマガをあなたの大切な方に転送してあげましょう>
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 大和武史の電子書籍がアマゾンから出版されました!
 私のこれまでの活動の原点となる基本書2冊です。
 kindle版、android版、iphone、ipod版の3種類を選んでダウンロードできます。
───────────────────────────────────
 1.「生死を超越した幸福論」    大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ASO83ZM/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00ASO83ZM&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
 2.「人類が調和するユートピア論」 大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00AUVHNYK/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00AUVHNYK&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「大和武史のこころの科学」第39号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇新時代を拓く「こころの科学」絶賛発売中!
 第1巻は病気を消すというテーマです。
 こころの科学の検証により、病気という現象が消えていきます。
───────────────────────────────────
◆こころの科学1「病気を消す」 著者:大和武史
 発行:文藝書房(四六判)1,404円
 お求めは、最寄りの書店から取り寄せるか、ネット書店でご購入下さい。
   <http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894774240/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4894774240&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
★「大和武史のこころの科学」第39号 <ちょっと気楽に真理9>★
 こころの科学の検証により、人々が幸福になることを祈ります。
 人類の危機と書いていると読者も著者も気が重いですね。今回は気楽にというタイトルですし、ちょっと楽に書いてみたいと思います。まあ、確かに危機は危機なんですが、必ずしも滅びるとは限りませんし、それをこのメルマガでどうにかできるはずがありません。でも、読者の中にはきっと救世の大事業が起きたときに大いに役立つ働きをなさる方がいるだろうと思うのです。
 歴史が変わるときはいつもそんなものです。今のことしか考えられないのは大衆心理ですが、中には未来を良く洞察して理性的な行動をおこして大いに価値ある働きをしてくれる人が必ずいます。そして、そんな人がある程度の数いなければ歴史は変わらないのです。時代のターニングポイントとなるときに獅子奮迅の働きをする人は未来がはっきりと見えているのです。だからこそ、迷いがないのですね。
 なぜ、未来が見えているのかというと未来を教えられているのです。どんな方法によるかは時代背景によって変わりますが、何らかの方法により本人に伝えられて、本人はそれを疑いなく信じたのです。この前提がなければ他の人々のように今のことしか考えられないのですから。
 未来が分かる方法には色々なことがあり得ます。予言者によって語られているとか本に書いてあるとか、こころの中に声がしたとか様々ですが、現代風にとらえるならば、こころの科学のような本によるのだと思います。私自身は過去の経験から色々な真理の本からそれらを得ています。現代では本という形が受け入れやすいのだと思われます。予言者のような言葉ではやはり疑いのこころが起きてきて信じがたいのですね。
 しかし、未来とは決して固定したものではありません。すでに決まったものではないのです。融通の利く形で保存されているものです。もうすでに未来という原型はできてはいますが、それは現在のあり方により変化していくものなのです。今の地球の未来はとても悲惨なものですが、私たちの働きによっては黄金の未来に変えることができるのです。
 今の未来の原型は前半は真っ黒な雲に覆われた暗黒の世界、悲惨な地獄絵ですが、後半は一転して光り輝く黄金の未来の開花です。この相反する絵が重なった原型になっています。コインの表と裏のように重なっているのですが、まったく違った世界を表現しています。ゆえに、広い銀河においても希有な時期であり、多くの生命の注目を集めています。
 本当にこんな変革が成功するのだろうかと多くの宇宙人が観察に来ています。それはなるべく見つからないように隠密に来ているのですが、どうにもならないほどに地球上が混乱してくれば姿を隠す必要も薄れるので、目に見えるように堂々と現れる可能性も高いと思います。あらゆる偏見が吹き飛ぶ時期であるからです。地球外生命などあり得ないという偏見も一緒に払拭するには好都合だともいえるのです。
 多くの危機と多くの発見、羨望の的であったものの白紙化と隠されていた大価値の発見、懺悔、悔恨と未来への希望、愛、調和。こうした様々なテーマがほんのわずかな間に巡り舞う時代なると思います。私たちはそうした時代を生きているのだということを知ってください。
<つづく:このメルマガをあなたの大切な方に転送してあげましょう>
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 大和武史の電子書籍がアマゾンから出版されました!
 私のこれまでの活動の原点となる基本書2冊です。
 kindle版、android版、iphone、ipod版の3種類を選んでダウンロードできます。
───────────────────────────────────
 1.「生死を超越した幸福論」    大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ASO83ZM/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00ASO83ZM&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
 2.「人類が調和するユートピア論」 大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00AUVHNYK/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00AUVHNYK&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「大和武史のこころの科学」第38号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇新時代を拓く「こころの科学」絶賛発売中!
 第1巻は病気を消すというテーマです。
 こころの科学の検証により、病気という現象が消えていきます。
───────────────────────────────────
◆こころの科学1「病気を消す」 著者:大和武史
 発行:文藝書房(四六判)1,404円
 お求めは、最寄りの書店から取り寄せるか、ネット書店でご購入下さい。
   <http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894774240/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4894774240&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
★「大和武史のこころの科学」第38号 <ちょっと気楽に真理8>★
 こころの科学の検証により、人々が幸福になることを祈ります。
 今の日本の社会がすばらしい社会だと思うでしょうか。確かに、経済的には発展しており国民は豊かな生活を享受していますが、その人々は幸福でしょうか。戦争を知っている世代は現代を自由で良い時代と思うかも知れませんが、戦争はいつ来るとも限らないのでその根拠は不確実なものです。平和で自由な国ということでは今の日本は世界の中では最も良い方でしょう。
 しかし、いくら東方の島国でもかつてのように鎖国ではいられないのですし、世界の国で戦争が始まれば日本だけが孤立していられるとは限りません。安保法案なども議論されていますけれど、現在の延長で未来を考えるのは危険です。これまでが平和すぎたことを日本国民は知らなければなりません。世界の各地で内戦やテロが起きていても日本人には関係がないと思っていられるほど世界は広くはないのです。日本にも火の粉が降りかかることを想定しなければなりません。
 戦争放棄だけで国が守れるかというと、答えはノーと言わざるを得ません。また、そのために自衛隊は存在しているのです。戦争の是非は考えるまでもなくノーですが、かといって無抵抗主義では国は守れないのが現実です。ある程度の軍備は常識です。この常識を今まで感じることがなかったのは日米安保があったから、アメリカの傘に隠れていられたからに他なりません。しかし、疲弊せるアメリカはもう日本を守る余力がなくなってきているのです。時代の趨勢を見極めなければなりません。
 自衛隊で戦争をするといっているのではなく、アメリカに守ってもらえると思うのは間違っているということです。もしも自国が危機に陥れば他国のことに介入している余裕などどこの国にもありません。これまではアメリカに立ち向かう国はなかったから、世界の警察役を演じてきましたが、イスラム過激派のようにアメリカに真っ向から戦う国が出てくれば、そしてそれが大きな力を持てば均衡は崩れてしまうのです。
 そのときに日本はどうするのか、アメリカが頼れなくなったときにどうやって国を守っていくのか、それを考えなければなりません。これはそう遠くない将来に予測されている事柄なのです。ならば、日本は自衛隊と運命を共にするのでしょうか。いいえ、それでは弱すぎます。きっと核を持った国には太刀打ちできないでしょう。ならば、また無条件降伏をするのでしょうか。第二次大戦のように。
 いいえ、こうした戦争をいくら繰り返してもどこの国にも幸福などないのです。戦争を卒業することです。戦争を放棄するのではなく、卒業するのです。武力で戦う相手に対してメディアなどを有効に駆使して愛で戦うのです。愛の力で世界をまとめるのです。それが日本に期待されていることです。生命とは何か、幸福とは何か、どうすれば幸福になるのかを心底理解すれば、それを世界へ教えることこそが聖なる戦いです。
 この真理の愛の力の前に、人々は今までの愚かな行いを恥じて当たり前の平和を認めていくでしょう。他人こそが自分の幸福に必要な相手だと知ればなにゆえに殺すことなどできるのでしょうか。戦争という愚かな行為を恥じることでしょう。これを押し広げることが日本の役割なのです。これから日本に始まる精神革命を世界へと拡げることこそ日本の使命であり、世界を救う道でもあるのです。
<つづく:このメルマガをあなたの大切な方に転送してあげましょう>
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 大和武史の電子書籍がアマゾンから出版されました!
 私のこれまでの活動の原点となる基本書2冊です。
 kindle版、android版、iphone、ipod版の3種類を選んでダウンロードできます。
───────────────────────────────────
 1.「生死を超越した幸福論」    大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ASO83ZM/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00ASO83ZM&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
 2.「人類が調和するユートピア論」 大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00AUVHNYK/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00AUVHNYK&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロフィール

yamato_takesi

スピリチュアル作家の大和武史です。永遠の生命を前提とした真理のメルマガを投稿しています。2019年からは #フェニックス・プロジェクト を立ち上げて人類救済及び地球アセンション計画のマネージャーを務めています。地球を愛の星に変えるために共感していただける方は参画をお願いします。 #霊界世界の実証

読者登録
LINE読者登録QRコード
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ