大和武史のblog

スピリチュアル作家の大和武史です。永遠の生命を前提とした宇宙時代の真理を投稿しています。2019年からは フェニックス・プロジェクト を立ち上げて人類救済及び地球アセンション計画のマネージャーを務めています。地球を愛の星に変えるために共感していただける方は参画をお願いします。 2020年コンテストにおいて、プロジェクト公認称号「地球の母を讃える者」「地球の父を讃える者」を授かりました。

2014年12月

★「幸福の法則(在家の法)」第333号

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 大和武史の新しい本が出版されました!
 「本当に病気が消えるという奇跡が今、この本から始まる。
 こころの科学の検証により、人類は生命の神秘とその波動の真実を悟り、黄金の未来を拓いていくだろう。」
 ★こころの科学1「病気を消す」 著者:大和武史 発行:文藝書房(四六判)1,404円
 お求めは、最寄りの書店から取り寄せるか、ネット書店でご購入下さい。
   <http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894774240/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4894774240&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★「幸福の法則(在家の法)」第333号  <幸福の法則16>
 あなたの心の糧となるよう大和武史が在家の法をお送りします。
 親和性の法則により幸福な人生を引き寄せるためには、まず、こころの中に幸福な波動を作らなければなりません。これが難しいのです。私たちはいつも、ついつい受け身になってしまいます。感情を感じることは出来事が起きてからが多いでしょう。自ら、感情を作り出すことなどできるとも思っていないのではないでしょうか。
 しかし、たとえば昔、自分が大失敗したことがあるとしましょう。そして、それを毎日毎日思い出して涙していたとすると、この人はこのネガティブな感情、悲しいとか悔しいなどの感情を反復していることになります。これは、受け身ではなく、自らこころの中にネガティブな感情を作っているのと同じです。ですから、こころはいつもネガティブな波動で満たされることになります。すると、親和性の法則が働いて、自分をネガティブにすることばかりが起きてきます。その波動と親和的であるからです。
 こうなると、不幸がまた不幸を呼ぶという悪循環が始まることになります。そして、また更に不幸感覚が強まり、こころの波動がより強くネガティブになり、更に悪い事柄を引き寄せてきます。転落の人生を転げ落ちていくことになるのです。恐ろしいことですが、これを地でいく人が本当にいるのですよ。そして、なぜ自分にだけこんな不幸ばかりが起きてくるのかが分からず、世間を恨み、神を恨みます。その波動は更にネガティブなっていき、取り返しの付かないことになっていきます。この世でも生き地獄を生きますが、死後も地獄というところへ赴くしかないのです。
 このように、不幸のどん底へ落ちていく人はある程度の頻度で存在しますが、親和性の法則を知った私たちであるならば、これを良い方向へ役立てなければなりません。もし、この方が放つ波動が幸福な波動であったなら、まったく逆の現象が起きたはずです。幸福な波動が幸福な事柄を引き寄せて、幸せで仕方がない人生を展開することもできたはずです。すべては、原因となるこころの波動が招いているのですから、私たちがするべきことは来れば嬉しいような波動を放つだけです。
 幸福な波動を放つには、色々な手法があると思いますが、先ほどの方の逆をやってみるのもやりやすいのではないでしょうか。自分が過去に最高に嬉しかったときのことを常々思い出して心を喜びでいっぱいにするというやりかたです。これでうまくできる人はこれでよいのです。自分にあったやり方で結構ですから、絶えずこころを幸福な波動で満たすことを心がけるのです。これが直接、私たちを幸福にします。
 あるいは、何かに感謝するというのも良いと思います。誰か世話になった人たちや恩師など自然と感謝の言葉が出るような人に、絶えず感謝する波動は幸福な喜びの波動と同じような効果を持っています。幸福を呼び込む波動です。または、自分がポジティブになるようなことを努めてやることです。いつも、嫌々で行動していてはネガティブな波動が出てしまいますから、積極的に行動できるようなことを多くすることです。それで、こころの波動がずいぶんと改善されますから。
 この意味では趣味なども決して意味がないわけではないのですよ。無駄に金を使うだけではなく、それでこころがポジティブになるならとても意味のあることだと思います。しかし、できれば何もなくてもこころをポジティブに幸福にできるように訓練することです。これができれば、もう幸福はあなたの手の中にあるといえるでしょう。
<つづく:在家の法を大切な方に転送してあげましょう>
***********************************
 大和武史の電子書籍がアマゾンから出版されました!
 私のこれまでの活動の原点となる基本書2冊です。kindle版、android版、iphone、ipod版の3種類を選んでダウンロードできます。
 1.「生死を超越した幸福論」    大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ASO83ZM/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00ASO83ZM&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
 2.「人類が調和するユートピア論」 大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00AUVHNYK/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00AUVHNYK&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
***********************************

★「幸福の法則(在家の法)」第332号

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 大和武史の新しい本が出版されました!
 「本当に病気が消えるという奇跡が今、この本から始まる。
 こころの科学の検証により、人類は生命の神秘とその波動の真実を悟り、黄金の未来を拓いていくだろう。」
 ★こころの科学1「病気を消す」 著者:大和武史 発行:文藝書房(四六判)1,404円
 お求めは、最寄りの書店から取り寄せるか、ネット書店でご購入下さい。
   <http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894774240/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4894774240&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★「幸福の法則(在家の法)」第332号  <幸福の法則15>
 あなたの心の糧となるよう大和武史が在家の法をお送りします。
 親和性の法則は私たちに幸福に生きることのヒントを与えてくれます。それは、こころの波動に応じたものが引き寄せられるということです。この世に起きてくることはすべて偶然と思っている人はいないでしょうか。とんでもない間違いです。たとえば、化学の実験でも水素と酸素を化合されたら水ができます。これは何度やっても同じですね。たまに二酸化炭素ができたりは絶対にしないです。偶然できているのではなく、原因と結果の法則により必然的にそうなっているのです。
 同じように、この世に起きていることはすべてが原因、結果の法則によるのです。これを逃れるものなど無いのです。これをしっかりと理解する必要があります。結果が出たら必ずその原因が存在していたということです。そうでないと結果だけが出ることなどあり得ません。すると、私たちの人生に不幸な出来事が起きてきたという結果は何を意味するのでしょうか。それは不幸な出来事を引き寄せる原因があるということです。
 それも、ある程度の頻度でおこるならば、相当に強い原因があるということです。その原因とは何かというと、それは他ならぬ自分のこころの波動が引き寄せているわけなのです。こころの波動など何の影響もないと考えているでしょうが、それは間違っているのです。こころの波動とはエネルギーの放出に他ならないので、それは相応のエネルギーを持っています。そして、波動ですから、波の性質に基づくのです。すると、親和性の法則が適用されるということになります。
 結果的に、こころの波動が放つ波長によって親和性の法則が適用されて、同じような波長のものを引き寄せてくるということになるのです。つまり、ネガティブな波動はネガティブな事柄を引き寄せて、ポジティブな波動はポジティブな事柄を引き寄せます。同じ波長であるからです。同じ周波数のものは共鳴して増幅されるからですね。このことを知らなければなりません。
 すると、私たちが幸福に生きていくためにはどうすればよいかというと、簡単なことです。幸福な波動で幸福な事柄を引き寄せればよいのです。しかし、理屈は簡単でも実践となると難しいものがあるのです。そもそも、幸福な波動が分からない人もいます。幸福な波動とはどんなものかというと、それは私たちのこころの中に幸福感が広がったときの感じです。すると、私たちに幸福感を与えてくれるものを得なければならないと考えてしまうのが普通の人ではないでしょうか。これも間違っています。
 いいですか、幸福になるためには確かに幸福な波動を放たなければなりませんが、そのためには幸福になるような事柄を得ないとできないなどと誰が教えたのですか。何かがないと波動は放てないものではないのです。幸福な波動は出そうとすればいつでも出せるのですよ。にもかかわらず、幸福な波動を放とうともせずに、誰か自分を幸福にしてくれないかと待っているのが現代人であり、間違った生き方なのです。いくら待っていても外からは幸福は来ません。幸福とは自分のこころの中に作るものであるからです。
 何が無くても、こころを幸福な波動にすることはできます。そして、この波動が幸福な人生を形成していくのです。これを間違っているのです。どのような人生にするかは自分の波動が決めているのです。現象として結果が現れる前に、こころの波動がそれを招いているのです。これを肝に銘じてください。幸福になりたければ幸福なことを願っていては駄目です。それはあすなろと同じでいつまで経っても現状維持です。まずは、こころの中に幸福を作ることです。そのこころの波動が現象としても幸福な人生を引き寄せるのです。
<つづく:在家の法を大切な方に転送してあげましょう>
***********************************
 大和武史の電子書籍がアマゾンから出版されました!
 私のこれまでの活動の原点となる基本書2冊です。kindle版、android版、iphone、ipod版の3種類を選んでダウンロードできます。
 1.「生死を超越した幸福論」    大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ASO83ZM/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00ASO83ZM&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
 2.「人類が調和するユートピア論」 大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00AUVHNYK/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00AUVHNYK&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
***********************************

★「幸福の法則(在家の法)」第331号

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 大和武史の新しい本が出版されました!
 「本当に病気が消えるという奇跡が今、この本から始まる。
 こころの科学の検証により、人類は生命の神秘とその波動の真実を悟り、黄金の未来を拓いていくだろう。」
 ★こころの科学1「病気を消す」 著者:大和武史 発行:文藝書房(四六判)1,404円
 お求めは、最寄りの書店から取り寄せるか、ネット書店でご購入下さい。
   <http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894774240/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4894774240&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★「幸福の法則(在家の法)」第331号  <幸福の法則14>
 あなたの心の糧となるよう大和武史が在家の法をお送りします。
 親和性の法則を幸福な生活に役立てるには、二つの観点があり、一つ目がネガティブな波動はネガティブなことを現象化するということでした。二つ目は何かというと、ポジティブな波動はポジティブなことを現象化するということです。そうです、これは一つ目の裏返しのことですね。
 ポジティブとはどのような波動かというと、簡単にいうと、やる気がみなぎるような波動です。生きる気力を向上させる波動です。ただ、ネガティブと対照的にとらえる場合にはネガティブな感情である悲しいや辛い、苦しい、ねたましい、恨めしいなどの反対の感情である楽しい、嬉しい、幸せな感情ととらえる場合もありますが、ここでは生きる気力を増進するような波動と考えていただければよいと思います。
 ポジティブな気質の人はあまりいないと思います。積極的な人ですね。こういう人は世間からは出る杭は打たれるといいますが、必ず何らかの障害を招きますから、それに耐えられずにポジティブをやめる人も多いのです。何気なくどちらでもなく生きている人が多いのではないでしょうか。しかし、ポジティブを貫ける人は、その波動はポジティブな現象を引き寄せます。
 たとえば、仕事においても積極的な提案を続ける人は、出たがり屋とか目立ちたがり屋などと批判を受けてもなお、続けるならば、いつかは誰かに引き上げられていくでしょう。
 その積極性ゆえに、それを評価する人により出世したり、大きな役を仰せつかったりすることでしょう。それはいつ、どんな形で現象化するかは分かりませんが、あきらめずにポジティブな波動を放ち続けるならば、きっといつかは現象化するのです。それが親和性の法則であるからです。しかし、大部分の人は結果が出るまでにあきらめてしまうのです。少しの障害が起きるととたんに弱気になってしまい、ポジティブな波動を消してしまうのです。だから、成功まではいかないのです。
 ところが、この親和性の法則を知った読者の方なら、最後までやり抜くことです。幸福という結果が出るまであきらめることなく、ポジティブな波動を放ち続けること、これが幸福になるために必要なことのすべてです。しかし、人生の途次には色々な出来事が襲います。中には辛く厳しいこともあるでしょう。しかし、それらを不幸ととらえるかどうかは本人の受け止め方次第です。
 たとえ、死でさえも、それをこの世の人生を振り返ってもう一度再出発するためのターンだと積極的にとらえられるならば、どんなことが起きてきてもポジティブな波動を保つことができることでしょう。それだけの強さがあるからです。そのためには、永遠の生命ということが絶対に必要だと私は思います。単にポジティブにがんばろうだけでは人生は乗り切れません。心底にポジティブな気質になること、そのためにはこの世限りの命であっては無理です。生命というものが肉体ではなく、エネルギー体であり永遠に生きているものであることを信じなければ無理です。
 だから、真理と共に、ポジティブに生きることが必要です。真理に照らして正しく生きることが必要です。蛮勇ではいけないのです。この世には厳然とした法則が貫いています。その法則に従い、結果として幸福を招くような生き方をしなければなりません。その方法を教えるのが真理です。真理を旨としてポジティブに生きること、これが幸福への王道なのです。
<つづく:在家の法を大切な方に転送してあげましょう>
***********************************
 大和武史の電子書籍がアマゾンから出版されました!
 私のこれまでの活動の原点となる基本書2冊です。kindle版、android版、iphone、ipod版の3種類を選んでダウンロードできます。
 1.「生死を超越した幸福論」    大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ASO83ZM/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00ASO83ZM&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
 2.「人類が調和するユートピア論」 大和武史著 500円
 <http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00AUVHNYK/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00AUVHNYK&linkCode=as2&tag=yamatotakesi-22>
***********************************
プロフィール

yamato_takesi

スピリチュアル作家の大和武史です。永遠の生命を前提とした真理のメルマガを投稿しています。2019年からは #フェニックス・プロジェクト を立ち上げて人類救済及び地球アセンション計画のマネージャーを務めています。地球を愛の星に変えるために共感していただける方は参画をお願いします。 #霊界世界の実証

読者登録
LINE読者登録QRコード
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ